トレーニング

自我状態療法国際認定トレーニングモジュールⅢにご参加予定の先生方へ

いつもお世話になっております。
先日,こちらのメーリングリストにおきまして,コロナウィルスによる新型肺炎の件で,今回の国際認定トレーニング開催に伴う取り扱いにつきまして,ご案内をさせていただきました。その後も,事務局の方で講師やアシスタントの先生方と協議をさせていただいております。つきましては,現時点における事務局および講師・アシスタントの先生方との協議結果について,以下にご参加予定の先生方へのご報告をさせていただきたいと思います。

現状,他の学会や研修会などが中止になったり,延期になったりしたという報告は聞いておらず,淡路夢舞台国際会議場で開催されるイベント等につきましても,中国からの参加者が多いことが見込まれるイベント(1月末開催予定でした)が一つ中止になった以外には,特に延期や中止になったものはありません。

また,講師のハートマン先生も,日本での自我状態療法のトレーニング開催に関しまして,南アフリカ共和国の日本大使館に,日本への入国が可能かどうかなどについて,現地で確認して下さった結果,現時点で入国に問題がないこと,トレーニング開催に関しましても,現在の日本の状況ならば問題はないだろうとの回答をもらったとのことです。
また,講師のハートマン先生は,1月に香港で同様のワークショップの講師をされましたが,そちらも問題なく通常通りに開催されました。ワークショップには,アシスタントの先生方も同行されたそうですが,ご帰国後,全員が念のために医療機関へかかられて,陰性であることを確認されたそうです。そのため,講師やアシスタントの先生方は,ウィルスの保有者ではないというご報告も伺っております。

さらに,スタッフの方から,厚生労働省や外務省にも問い合わせました結果,現時点でこのような規模のイベントの自粛を求めるようなアナウンスをする予定はないし,入国を控えるようなご案内もしていないとのことでした。このような状況を加味いたしまして,事務局の判断といたしましては,現時点では予定通りに国際認定トレーニングを開催させていただきたいと思っております。

とは言え,持病をお持ちの先生方やご高齢の先生方などリスクの高い先生方,ご家族の中にそのような方々がいらっしゃる先生方におかれましては,感染へのご心配もあるかと存じます。そのようなご心配をお持ちの方々には,ご自身でご判断いただき,キャンセルされる場合には,お早めにご連絡いただけますと幸いです。ただし,その場合にも,開催まで間もない状況ですので,宿泊費やお弁当代等のキャンセルには100%のキャンセル料が発生しますので,ご了承下さい。さらには,アシスタントの個人セッションやコンサルテーションにつきましても,100%のキャンセル料が発生することをご理解いただけますと幸いです。リスクを考慮してのご欠席の場合には,モジュールⅣへ向けてトレーニングの継続が可能なようにトレーナーのハートマン先生とも相談させていただき、様々な救済措置の可能性について検討させていただく予定ではございますが、トレーニングの継続が可能であるとの保証はいたしかねますので,あらかじめご了承ください。

また,ご参加に際しましては,前回のご案内にも記載させていただきました通り,参加者の先生方にも徹底した感染対策のお願いをさせていただきたく存じます。
事務局の方でも,消毒用アルコールや除菌ティッシュなどの準備を可能な限りさせていただきたいと思っておりますが,ご参加の先生方にも自衛していただけるよう,手洗いとうがい,咳エチケットについて徹底していただきたく存じます。マスクなど,品薄となってしまっている現状ではございますが,各自でご持参いただきまして,必要に応じて使用していただけましたら幸いです。万が一,体調がお悪くなられましたり,発熱や咳などの症状などが出ておられる先生方がおられましたら,トレーニング直前・トレーニング期間中に関わらず,早急に事務局の方にお申し出いただきました上で,医療機関をご受診いただけますよう,何卒よろしくお願い申し上げます。

また,インフルエンザなど法定伝染病などにかかられました場合には,他の参加者の先生方や講師,アシスタントの先生方の健康に配慮いたしまして,誠に申し訳ございませんが,トレーニングへのご参加をお控えいただければと存じます。お手数をおかけいたしますが,その際には,キャンセルポリシーの例外に該当いたしますため、医療機関において発行された診断書なども事務局にご提出いただければ幸いです。重ねてのお願いになってしまいますが,上記につきまして,皆さまにはご理解賜りますようお願い申し上げます。

ただ,依然として予断を許さない状況は続いておりますので,先日もお伝えさせていただきましたように,今後の情勢の劇的な変化によっては,やむなくトレーニング延期の判断をする可能性もゼロではございません。
その場合には,早急にメーリングリストとホームページにて告知をさせていただきますので,ご注意いただけますよう,どうぞ宜しくお願い申し上げます。

それでは,淡路島で皆様と無事にお目にかかれるのを楽しみにしております。

EST-J
代表 福井義一
副代表 小山聡子